手づくり腕章が自慢!腕章の作り方

当店のある地元・広島県東部は、昔からの繊維・縫製産地で、ワンタッチ腕章はこの地元ですべて手作業で作っています。日本製ならではの丁寧な作りで、官公庁、大手企業、中小問わず全国の企業、地元の自治体や団体のみなさまからご注文をいただき、安定した品質でご提供させていただいているのが当店の自慢です!

腕章の作り方

プリントと縫い上げ

腕章デザインを専用生地へ印刷(高級なインクを使用したシルク印刷)した後、デザインのバランスを見ながら一つずつ縫い上げていきます。より頑丈で長くお使いいただけるように、側面を三つ巻きした上で専用のミシンで縫っていきます。

腕章の幅を均一に縫製

専用生地は通常の布に比べて厚みがあり丈夫なナイロンオックスで、生地自体にも微妙な幅の違いがある中で、できるだけ同じ仕上がりになるよう縫っていきます。職人さんの熟練の技術で仕上りの品質は当店の自慢です。

マジックテープの縫い付け

マジックテープは事前に品質確認して縫い合わせます。生地の端を折る際には指先の力が必要な作業ですが、一つずつ丁寧に工程ごとに複数の専用ミシンを使い分けながら縫っていきます。

クリップと説明タグの縫い付け

クリップと説明タグもできる限り見やすくずれないように仮止めをした後に、生地の端を折込ながら三つ巻きで縫い付けていきます。

製品チェック

縫い終わった後には、腕章1つ1つをチェックしながら丁寧に糸かす取りを行い、綺麗にしていきます。

糸ゴミの除去

仕上がった製品は一つずつエアーブローを行い、表面の小さな糸やゴミを取り除きます。

品質チェック

最終検品として縫製とは別のスタッフがデザインや色、腕章としての品質チェックを行います。いただいたデザインと相違ないか、色味や縫製に問題がないかなど当社基準のチェック項目に従って品質確認をすべて実施します。

梱包

検品後に梱包を行い、毎日お客さまのもとへ出荷しています!

腕章を手づくりしている縫製工場の様子

縫製工場の風景 縫製工場の風景 縫製工場の風景 縫製工場の風景 縫製工場の風景 縫製工場の風景 縫製工場の風景